Square(スクエア)とCoiney(コイニー)の導入メリット徹底比較!手数料・端末など


2019-07-2更新


目次

    1. Square(スクエア)とCoiney(コイニー)の特徴
      • Square(スクエア)
      • Coiney(コイニー
    2. 決済の種類
      • 主要決済について
      • それ以外の決済(ブラウザ決済・請求書決済)
    3. 費用周り
      • 導入コスト(決済端末代金等)
      • 導入後(決済手数料・振込手数料)
    4. 売上の締日と入金サイクル
      • 売上の締日と入金サイクルが重要な理由
      • 取引銀行毎の締日と入金サイクル
    5. 決済端末の特徴と評判
      • デザイン
      • 対応OS
      • スペック
    6. その他関連サービスと連携サービス
      • その他関連サービス
      • 連携サービス
    7. キャッシュレス・消費者還元事業と軽減税率の内容
    8. 導入する方法(審査に必要な書類と期間)
      • 審査に必要な書類
      • 審査スピード
      • 審査基準
    9. SquareとCoineyのどちらを選ぶべきか
      • おすすめ
      • (Coineyより)Squareがおすすめな人
      • (Squareより)Coineyがおすすめな人

はじめに

Square(スクエア)・Coiney(コイニー)共に大手スマホ決済です。この2社に楽天ペイやAirペイ(エアぺイ)を加えてしばし、4大スマホ決済サービスと呼びます。

どちらを利用するか迷っている方に対して、重要なポイントをどこよりも徹底的に比較をしようと思っています。

先に結論ですが、

1)SquareもCoineyはどちらもおすすめのサービスです。
2)”●●な人は選ばない方がいい”というケースはあります。
3)決済端末は今なら「無料」で手に入ります。
4)どちらがいいかは使ってから決めるべきです。

早速ですが、スマホ決済の比べ方からご紹介します。各社のホームページを見ると「決済端末のキャンペーン」が目立ちますが、これはこれで重要ですが、優先したいのは「導入後」です。導入する皆様によって、それぞれの項目の重要度は変わりますのでどこが外せないかを意識しながら見て頂く事をおすすめします。

タイプ Square VS Coiney
決済の種類 ランニング Coiney
初期費用(決済端末代等) 初期 Square
ランニング費用(決済手数料等) ランニング 引き分け
入金サイクル ランニング Square
決済端末(スペックやデザイン) ランニング Square
審査スピード 初期 Square

1.Square(スクエア)とCoiney(コイニー)の特徴

  • Square(スクエア)の特徴

SquareはTwitterの共同創業者ジャック・ドーシーが2009年に設立し、世界6カ国で展開する米国発(サンフランシスコ本社)のスマホ決済サービスです。

その日本法人のSquare株式会社は2013年より運営しており、Squareは「早い・簡単・安全」の3つの価値観を土台にサービスが設計され、自社開発の決済端末のデザインに至るまで徹底されています。

決済を中心にしながらも、モバイルPOSや従業員管理、在庫管理等を無償で提供しています。

2019年春Bluetooth型のFeliCa対応のSquare Readerと共にSquare Standが上陸しました。

デザイン重視の方だけではなく、クレジットカード等の導入の手軽さからも多くの店舗・企業に支持されています。

 

Square(スクエア)の公式サイトはこちら

 

  • Coiney(コイニー)の特徴

2012年に日本で生まれ所謂Fin Tech企業のコイニー株式会社が運営する大手スマホ決済サービスです。

CoineyはSquareと同じく、スマホに挿し込むタイプの端末でしたが、今はBluetooth接続の決済端末にリニューアルしました。

Coineyの決済サービスは主に3つに分かれています。

決済端末でクレジットカードや電子マネーに対応するサービスを「Coineyターミナル」。

Wechat Payにも対応したQRコード決済用の「Coineyスキャン」

3つ目はオンライン決済ができる「Coineyペイジ」があります。

自社のモバイルPOSは提供していませんが、多くのサービスと連携しています。クレジットカードの2回払いに対応しているのも一つの特徴です。

 

Coineyの公式サイトはこちら

 


2.決済の種類

  • 主要決済について “Coineyの勝利だが大きな差はない”
Square Coiney
クレジットカード VISA、Master、Amex、Diners、Discover、JCB VISA、Master、Amex、Diners、Discover、JCB、セゾン
電子マネー 対応予定 交通系(Suica等9社)
QRコード決済 未対応 WeChat Pay

まず、最重要のクレジットカードの対応状況ですが、Coineyがセゾンにも対応しています。

電子マネーは、Squareが「対応予定」に対して、Coineyは交通系9社に対応。ただし、Anrdoidに対応していない点は残念。

QRコード決済は、CoineyがWechat Payに対応。

総括すると、決済の種類という点ではCoineyの方が優れていますが、今後のSquareの決済の対応次第(特に電子マネー)でほぼ変わらないと言える状況です。

 

  • それ以外の決済(ブラウザ決済・請求書決済) “引き分け”
Square Coiney
ブラウザ決済 対応 対応
請求書決済 対応 対応

 


3.費用周り(初期費用・ランニング費用)

  • 導入コスト(決済端末代金等) “Squareの導入コストの方が低い”

どこまでを導入コストと定義するかによりますが、しばし「決済端末」のみに着目しがちですが、新規での開業の場合、POSレジ、レシートプリンター、タブレット等の周辺のコストを含めた検討を忘れがち。以下の通り、SquareがCoineyよりも安い事が分かる。

Square Coiney
決済端末代金 無料 無料
POS 無料 なし
レシートプリンター等 軽減税率利用した補助(4分の3) なし

1)決済端末代金 “SquareとCoineyではあまり変わらない”

定価はそれぞれSquareが7,980円Coineyは19,800円となります。

共に決済端末のスペックは公開されていない為、「コスパ」での評価は出来ませんが、決済端末代は1台目に限るとどのスマホ決済サービスでも「キャッシュレス・消費者還元事業」の制度利用で無償で提供されます。この点は他のスマホ決済と同様ですが、SquareとCoineyの他のスマホ決済会社との違いは同時にキャンペーンを実施しており、制度適用外であっても、キャンペーンを適用して無償で利用できます。

「2台目が安い」という視点ですとSquareですが、「1台目に限るとCoiney」の方が定価が高い為、安くなっているという考え方も出来ます。つまり、SquareとCoiney含めて現時点(2019年6月)ではあまり差がないので、「決済端末代金」を選定の決め手にする必要はないです。

2)POS(モバイルPOS)“断然Square”

Squareは、モバイルPOSが無料で利用出来ます。主要スマホ決済ではSquareとAirペイのみが自社のモバイルPOSを提供しています。

Airペイとの違いとしては、Squareは自社のモバイルPOS以外にも連携が可能で、且つiosとAndroidの両方に対応しています。POSに関連するコストとしては、Squareが頭一つ抜けています。

3)レシートプリンター等の周辺機器  “断然Square”

Square・コイニーに限らず、自社で提供していません。対応する機器を別途購入することになり、対応機器の範囲もSquareとCoineyでのは違いはございません。

期間限定ですが重要なポイントとして、Squareは「軽減税率対策補助金のA-3型 (モバイルPOSレジシステム)」の登録企業の為、対象の周辺機器の導入の際、4分の3の補助を受けられます。同制度はCoineyと連携が可能で且つ「軽減税率対策補助金」に登録済のPOSサービスを対象に受けられますが、結果としモバイルPOSが月額利用料で発生します。

※Square Standは補助金の対象の為、この機を逃さないでください。

詳細はSquareや軽減税率のホームページでご確認下さい。

<Squareの補助金の対象機器>

Square POSレジ(必須) レシートプリンター (必須) 、タブレット、スマートフォン バーコードスキャナー キャッシュドロワー クレジットカード決済端末 (ICカード対応Squareリーダーも補助金の申請対象です) Wi-Fiルーター

また、Squareの加盟店向けに周辺機器購入の際に利用出きるクーポンコードの配布もあります。

 

  • 導入後(決済手数料・振込手数料) “実質ほぼ変わらない”
Square Coiney
決済手数料 クレジットカード VISA, Master, Amex 3.25%

Diners, Discover 3.25%

JCB 3.95%

 

VISA,Master,Amex  3.24%

Diners,Dsicover 3.75%

JCB 3.75%

セゾン 3.24%

電子マネー・QRコード決済 3.24%
ブラウザ決済・請求書決済 3.25% 3.24% (VISA,Master)
月額費 なし なし
振込手数料 無料 売上10万円以下 200円

上記は通常時(キャッシュレス消費者還元事業の期間を除く)の導入後に掛かる主な費用です。

i)決済手数料 “実質ほぼ変わらない”

決済手数料の比べ方ですが、外せないのは圧倒的に利用頻度が高い「クレジットカード決済」の手数料です。その中でもVISA、Master、Amexの3ブランドが全体の80%を占めています。

SquareとCoineyでこの3ブランドの決済手数料が3.25%と3.24%で、Coineyの方が決済手数料が安いのは明確ですが、この0.01%の違いは月額に直すと、売上高が100万の場合、Squareの決済手数料が32,500円。Coineyの決済手数料が32,400円と、実質100円の違いでほぼ変わらないといっても過言ではありません。

この3ブランドの次点はJCBがCoiney、DinersとDiscoverはSquareに分があります。

ここで抑えておきたいポイントとしては、主要決済の手数料はさほど変わらない為、よっぽどDinersのお客様が多い等がない限りは、決済手数料はほぼ変わりません。

そして、スマホ決済サービスが総じて決済手数料が安く、現在CAT端末を利用されている方は是非乗り換えを検討してください。

ii)振込手数料 “Squareが若干良い。”

Squareが無料になりますが、Coineyでは売上高が10万以下の場合、振込手数料が200円かかる為Coineyの方が高くなります。

ii)振込手数料 “実質ほぼ変わらない”

Square、Coineyともに月額費用はかかりません。

 

Square(スクエア)の公式サイトはこちら

Coiney(コイニー)の公式サイトはこちら

 


4.売上の締日と入金サイクル

  • 売上の締日と入金サイクルが重要な理由 

中小企業を問わず、売上を早く現金化させるのはキャッシュフローの観点でも死活問題です。スマホ決済業界においては、Square・Coineyに限らず締日と入金サイクルは各社で一番差が出る所です。ご自身の取引銀行を踏まえてご確認下さい。

 

  • 取引銀行毎の締日と入金サイクル “Squareの圧勝”
金融機関 手動 / 自動 現金化の日数
Square みずほ・三井住友 自動 1日
それ以外 自動 2日~8日
Coiney 手動 10日~14日
自動 20日~50日

1)Square

みずほ銀行・三井住友銀行は翌日で入金。それ以外の金融機関では毎週木~水の売上を金曜日に入金。

2)Coiney

金融機関に関係なく、手動入金と自動入金に分かれる。 手動入金の場合、1~5日が15日から振込依頼が可能。6~10日が20日から。 自動入金の場合、前月の売上が20日に入金。

御覧の通り、Squareは入金が早く、Coineyはそこまで早くないです。他のスマホ決済サービスと比較してもSquareが圧倒的に早く、ここが選定のポイントとし重要度が高い場合は、Squareを選ぶ事をお勧めします。

 


5.決済端末の特徴と評判

SquareとCoineyの決済端末の特徴について、デザイン・対応OS、スペックに絞って比べてみます。

評価
デザイン (人によって異なるが)Squareの方が良い。
対応OS 現状引き分け。Squareの電子マネーがAndroidに対応したらSquare
スペック (おそらく)Square
  • デザイン “Squareの圧勝”

Square Reader

Coineyターミナル

好みでもありますが、Squareに軍配が上がります。

Squareは2019年春に端末がリニューアルされ、Bluetooth型の端末となりました。自社開発の端末だからこそ、デザインにもスタイリッシュにが可能で、どこかアップル製品を彷彿されるようなスタイリッシュさを持ち合わせています。

Squareは決済端末だけではなくオリジナルのスタンド等を提供しており、端末を含めたレジ全体をコーディネートする事が可能で、特にカフェ、サロン等に強く支持されています。Coineyとの比較に限ったことではなく、デザイン性はスマホ決済サービスの中でも頭一つ抜けています。

 

  • 対応OS “引き分け”

Square、Coiney共にios Androidに対応しています。ただしCoineyの電子マネーはAnroidには非対応です。Squareは現在電子マネー対応予定すが、Androidに対応した場合OSに関してはSquareに軍配が上がる事となります。また、OSのバージョンに関して、共に最新の機種に応しています。 注意点ですが、対応OSはタブレットだけでなく、スマホで使う事も想定した方が良い業種があります。その際の留意点として、且つてios大国と言われ約70%程のシェアを持っていましたが、現在では 50%まで低下しているとも言われています。他のスマホ決済サービスに目を向けると、AirペイはAndroidに非対応です。Androidの対応可否は見落としてはいけないポイントです。

 

  • スペック “(断言できないが)Squareが良さそう”

詳細の規格は非公開情報ですが、以下Squareについて3点補足します。

その1「1日充電が持つ」と謳っています。スマホ決済の端末が初めての方は想像がつかないかもしれませんが、結構優秀で、イベントを筆頭にポータブルで利用するシーンが多い場合は充電の長さは生命線です。

その2「電子マネー」に対応予定です。これは2019年春にリリースしたSquare ReaderにはFeliCa等が内蔵していることも発表されています。決済の種類で少し触れましたが、電子マネーへの対応は時間の問題ということです。

その3 Squareはサインのみの対応。(Coineyは暗証番号入力も対応)

その4 Square Readerは2019年春にリリースしたばかり。ご存知の通り、アメリカでは電子マネーは普及していない為、日本用に開発され、導入された最新機器という理解を勝手にしています。想像の域を出ませんが、携帯電話と同様に後発の機種スペックは大概にしていい原理と同じです。

 

Square(スクエア)の公式サイトはこちら

Coiney(コイニー)の公式サイトはこちら

 


6.その他関連サービスと連携サービス

  • その他関連サービス “Squareの圧勝”

決済以外のサービスに関して、Coineyでは提供していない為、Squareのみを紹介すると、以下になります。特にPOSレジ・在庫管理・従業員管理は利用頻度が高いものです。

<Square対応のその他サービス>

POSレジ、データ分析、従業員管理、顧客リスト、在庫管理、ギフトカード

 

  • 連携サービス “Squareが良さそう”
  Square Coiney
POSレジ SmaRegi / Ubiregi / POScube / Bionly / TenpoVisor / AirREGI SmaRegi / Ubiregi / POScube / Bionly  / Loyverse POS / NEXPO / Orange Operation / MAIDO POS
会計 / 税金 Money Forward / freee Money Forward / freee
商品 / 在庫管理 Super Delivery / COREC  
フォームビルダー Wufoo  
アナリティクスとレポート Mailchimp / Domo  

全体的にSquareの方が連携しているサービスの種類が多く、自社でPOSを提供していないCoineyは特にPOSレジの連携先が多いです。Squareの特徴的な所は、自社の無料のモバイルPOSを提供しながらも、POSの連携サービスや同業のAirREGIと連携が可能な点です。

 


7.キャッシュレス・消費者還元事業と軽減税率の内容

Square Coiney
キャッシュレス・消費者還元事業 1)決済端末無料(~2020年4月下旬予定)

2)決済手数料 実質2.16%(~2020年6月30日)

※対象はクレジットカードの5ブランドと請求書決済

1)決済端末無料(~2020年4月下旬予定)

2)決済手数料 実質2.16% (~2020年6月30日)

※Discover、WeChat Payは対象外

軽減税率対策補助金 A-3型 なし
キャンペーン情報 (2019年7月2日時点) 1)決済端末実質無料キャンペーン( 在庫がなくなり次第)

※90日以内に1万円以上の決済が必要

※キャッシュレス・消費者還元事業適用外の方でも可

2)決済手数料キャッシュバックキャンぺーン( 〜 2019年9月30日)

決済額30万円分に対する手数料をキャッシュバック

 

1)タダノリキャンペーン( 〜 2020年5月31日)

※利用金額の条件やキャッシュバックではなく、審査通過後に発送されます。

※キャッシュレス・消費者還元事業適用外の方でも可

キャッシュス・消費者還元事業に関しては、両社大きな違いはありません。Airペイではipadが対象に含まれていますが、キャッシュレス・消費者還元事業の申請に通過しない場合、後に請求が来ます。楽天ペイもAirペイと類似しており、タブレットやレシートプリンタの代金が請求されます。つまり、SquareとCoineyがこの点ではおすすめです。

キャンペーンに関しては、決済端末に関しては共にキャッシュレス・消費者還元事業に該当しない事業者向けの位置付けで実施しています。

比較するならば、Coineyはキャッシュバックでもなく、決済金額の制限もありません。Squareはキャッシュバックの形式ですが実質無料です。決済手数料に関しては、Squareは実質30万円分の決済に対する手数料がキャッシュバックされます。金額にすると1万円前後となります。

この2社のキャンペーンは、キャッシュレス・消費者還元事業と同様に、キャンペーンの縛りという点で、より取組しやすいので共におすすめです。

 

Square(スクエア)の公式サイトはこちら

Coiney(コイニー)の公式サイトはこちら

 


8.導入する方法(審査に必要な書類と期間)

  • 審査に必要な書類 “引き分け”

両社とも、法人(登記簿謄本)個人事業主(開業届)が必要で、業種・業態により必要な書類が変わります。

  • 審査スピード “圧倒的にSquare”

ここが一番差が出るところでもあり、他のスマホ決済サービスと比較しても最短即日から利用できるSquareが圧倒的に他社をリードしています。

Coineyに関しては決済の種類に応じて、2段階で4種類の審査が行われ、最短で全ての審査が完了するまで10営業日かかります。

審査1 VISA / Mastercard / SAISON CARD 最短翌2営業日
審査2 WeChatPay 審査1通過後、最短翌3営業日
審査3 電子マネー 審査1通過後、最短翌7~10営業日
審査4 JCB / American Express / Diners Club / Discover 審査1通過後、最短翌5営業日

 

  • 審査基準 “引き分け”

スマホ決済全般共通ですが、業種・業態依存で審査結果が変わります。取り扱い業者の可否は各ホームページで確認が出来ます。

確かな事は分かりませんが、口コミではCoineyで審査NGでもSquareでOK、またその逆のケースも稀にあるようです。

 


9.SquareとCoineyどちらを選ぶべきか

  • おすすめ

・以下のこだわりがなければ、SquareもCoineyも決済端末無料のハードルが低い2社の為、使ってから決めることをおすすめします。

  • (Coineyより)Squareがおすすめな人

入金サイクル重視

・導入コストを最小限に抑えたい

・審査スピード重視派

・クレジットカードのみでOK

・デザイン重視:業界としてはカフェ・美容室・サロン他

 

  • (Squareより)Coineyがおすすめな人

・決済の種類を多くそろえたい

・すぐに電子マネーを使いたい

・入金サイクルが遅くても問題ない

 

  • SquareもCoineyもどちらも使いたい人

・ 連携可能なモバイルPOSを使う(SmaRegi / Ubiregi / POScube / Bionly)

・ 会計ソフトは freeeかマネーフォワードを利用

 

●今回紹介したサービス

Square(スクエア)の公式サイトはこちら

Coiney(コイニー)の公式サイトはこちら