クレジットカード決済の継続課金とは?おすすめサービスの導入メリットを比較!

  1. 都度課金と継続課金の違い
  2. 継続課金するのにぴったりな業種とそのメリット
  3. クレジットカード決済で継続課金を今すぐに!主要スマホ決済サービス4種で比較
  4. まとめ

クレジットカード決済の継続課金とは、どんな決済方法?

クレジットカード決済には、大きく分けて都度課金と継続課金の2種類があります。
それぞれ、扱う商材や業態に応じて選択することが可能です。

一般的な通信販売(洋服のカタログ販売など)は都度課金。
健康食品などの定期購入では、毎月決まった額を定期的に請求するので継続課金が便利です。
この都度課金・継続課金の違いと合わせて、クレジットカード決済の継続課金はどんな業種に合うのか?また、どんなメリットがあるのかなど、詳しく解説していきます。

都度課金と継続課金の違い

前述したように、クレジットカード決済には都度課金と継続課金があります。
それぞれの特徴は以下の通りです。

・都度課金
顧客が商品を購入するごとに、決済に必要な情報(カード番号など)を入力してもらう方法です。
多くのECサイトで採用されている決済方法で、通信販売の業界でも多く導入されています。
特に、洋服のカタログ販売などでは、取り扱う商品の値段やブランドが購入のたびに変動するので、都度課金のほうが便利です。

・継続課金
決済に必要な情報(カード番号など)を前もって顧客から預かり、毎月定期的に決済を行う方法です。
有料月額サービス(オンラインゲームの課金制度やファンクラブ会費など)、健康食品などを扱うECサイトの場合はこの継続課金が便利。
一度手続きしてしまえば、月が変わっても自動的に引き落とされるので、顧客側・事業者側双方にメリットがあります。

継続課金するのにぴったりな業種とそのメリット

継続課金を導入するのにぴったりな業種は、月額会費が発生するような業態が当てはまります。
具体的には以下のようなものです。

・会員制ジムまたは英会話やパソコンスクールなどの教室→月謝
・オンラインゲームやファンクラブ会費
・新聞・雑誌の定期購読
・携帯電話などの通信費
・健康食品などの定期購入

顧客側も月替りにいちいち決済手続きを取る必要がないので楽ですし、事業者側も一度手続きをしてしまえば、解約がない限り一定額の利益が見込めるのでお得です。顧客側・事業者側双方にメリットがある決済方法だといえます。
また、これから新しくECサイトを立ち上げる場合にも、定期的に月額が発生する上記のような業態に当てはまるのならば、継続課金にしたほうがお得です。

利益安定のために継続課金を導入する事業者が徐々に増えてきていますが、顧客側の口座残高不足によって額が引き落とせないケースもあるので、この辺りは注意が必要でしょう。
スタートアップ後はとくに、軌道に乗るまで失敗例もあることを念頭に運用するほうが無難です。
会員制ジムや習い事の場合は、会社の方針によって月謝が変わったり、プランの変更があったりするかもしれません。継続課金はとても便利ですが、こういった額の変更があった場合はまとめて変更作業が必要になってきますので、かえって人的コストが嵩む場合も想定されます。

オンラインゲームやファンクラブについても、退会・途中解約が考えられるので、前もって退会手順を明確に示すことが大切です。退会処理手続きはどちらで行うのか(顧客側or事業者側)、窓口・問い合わせフォームの設置は必要かなど、動線をしっかり作っておくと、お互いに混乱することがありません。

クレジットカード決済で継続課金を今すぐに!主要スマホ決済サービス4種で比較

それでは、継続課金の導入に便利なおすすめスマホ決済サービスについて見ていきましょう。
主要4社を挙げて比較しています。しっかりと見比べて、ぴったりなサービスを探してみてください。

・Square(スクエア)
Squareを使って継続課金を導入するためには、「クレジットカード情報保存機能」と「請求書定期送信機能」を組み合わせる必要があります。
一度設定さえしてしまえば、月会費・月謝などを効率的に請求することが可能。
導入方法については、顧客側に来店してもらい、書類手続きをする方法と、事業者側から定期送信請求書を発行して、遠隔で手続きする方法の2つがあります。
この手続きの段階で初回の課金日を決めることができ、継続課金が成功したら、顧客・事業者側双方にメール通知がされる仕組みです。
何らかの理由で継続課金を終了する場合でも、事業者側で簡単に設定し直すことができます。

詳しくはSquare(スクエア)の公式サイト

・楽天ペイ(R Pay)
楽天ペイでクレジットカード決済の継続課金を導入するためには、楽天の利用契約とは別に、決済代行会社との利用契約も必要になります。
2018年12月から楽天ペイはソニーペイメントサービスと提携しているので、両者と契約することによってオンライン決済、ひいては継続課金の使用が可能となる仕組みです。
すでに楽天会員となっている顧客は、楽天IDとパスワードさえあれば、わざわざクレジットカード情報を入力する必要がないため購入のハードルが低いという嬉しい相乗効果も。
詳しい導入の流れや手数料については、問い合わせれば見積を出してくれます。

詳しくは楽天ペイ(R pay)の公式サイト

・Coiney(コイニー)
Coineyペイジというサービスの利用によって、オンライン決済に必要なWebページを作成し、そのURLを顧客に送信する形でクレジットカード決済ができる仕組みになっています。
ですが、現状、継続課金ならびに都度課金には対応していません。
事業者側で、注文があるたびに請求作業をする必要があります。

詳しくはCoiney(コイニー)の公式サイト

・Airペイ(エアペイ)
Airpayはもともとオンライン決済自体に対応していないため、継続課金ならびに都度課金も導入不可能です。
店頭での決済(端末決済)のみ対応となっています。

詳しくはAirペイ(エアペイ)の公式サイト

まとめ

クレジットカード決済の継続課金について、都度課金との違いを比較するとともに、導入するのにぴったりな業種とそのメリット、おすすめスマホ決済サービスについて解説しました。
扱う商材や業種によって変わってくる、あらゆる決済方法。
どのサービスがぴったり合うのか、ぜひこの記事を参考に探してみてください。