Coiney(コイニー)の各手数料について、気になる部分をまとめてみた!

  1. Coiney(コイニー)の決済手数料について
  2. Coiney(コイニー)の振込手数料について
  3. Coiney(コイニー)の払い戻し手数料について
  4. まとめ

Coiney(コイニー)ではどんな手数料が発生する?

キャッシュレス決済の時代、これからスマホ決済サービスの導入を検討している店舗・事業者の方も多いことと思います。
すでにたくさんのスマホ決済サービスが存在していますが、そのうちの1つ、「Coiney」を導入した際の各手数料の内訳やポイントについて、本記事で詳しくまとめました。

Coineyを導入した際に発生する手数料は、主に以下の3つです。

・決済手数料
・振込手数料
・払い戻し手数料

Coineyの導入を検討している事業者の方は、ぜひ参考にしてください。

Coiney(コイニー)の決済手数料について

Coineyを導入した際に発生する手数料として、まずは決済手数料が挙げられます。
Coineyというスマホ決済サービスは、そもそも対面決済・オンライン決済ともに対応しているもので、それぞれ使用できるクレジットカードブランドや手数料も異なりますので、注意してください。
また、他のスマホ決済サービスと同様、決済手数料の水準は業界内最安値となっています。

・Coineyターミナル
店頭での対面決済サービスです。
決済手数料は以下の通りです。

・VISA/MasterCard/SAISON CARD/American Express
3.24%

・JCB/Diners Club/DISCOVER
3.74%

・Suica/PASMO/ICOCAなど交通系電子マネー
3.24%

・Coineyスキャン
主に中国人観光客向けの店頭決済サービスです。
決済手数料は以下の通りです。

・WeChatPay
3.24%

・Coineyペイジ
オンライン決済用のページを簡単に作れるサービスです。
ECサイトでの決済に最適。決済手数料は以下の通りです。

・VISA/MasterCard
3.24%

Coiney(コイニー)の振込手数料について

次に、Coineyの振込手数料についてです。
前もって登録した銀行口座に入金される仕組みです。振込依頼手続きをした1-2営業日後に振り込まれます。
また、振込依頼手続きなしに自動入金される仕組みもあり、指定した締め日に応じて振り込まれる仕組みです。

その場合の振込手数料は以下の通りです。

・振込額が10万円未満の場合
200円

・振込額が10万円以上の場合
無料

Coiney(コイニー)の払い戻し手数料について

最後に、Coineyの払い戻し手数料についてです。
他スマホ決済サービス同様、払い戻しや返品が発生した際は、端末にて取り消し処理をすることができます
これはCoineyターミナル・ペイジ・スキャンいかなる場合でも手順は同様となっています。

決済日より60日以内であれば取り消し作業が可能。
金額間違いによる再度のカード決済については、そのカード会社によって一時的に決済不能となる場合もありますので注意が必要です。

払い戻し手数料が発生するのか、額はいくらかについては契約内容に起因しますので、予め見積・問い合わせの時点で確認しておきましょう。

まとめ

Coineyを導入した際に発生する手数料、その詳細についてまとめました。
店頭決済・オンライン決済ともに対応しているので、その違いに注意しつつ最適なサービスを検討しましょう。

●今回紹介したサービス
オンライン決済対応のCoineyについてもっと詳しく

●他の類似のサービス
審査が早く、おしゃれな端末がいい人はSquare!
電子マネーに強く、楽天ユーザを取り込みたい人は楽天ペイをチェック
QRコード決済に強いAirペイについてもっと詳しく