地方銀行も続々キャッシュレス化!2019年7月のキャッシュレスニュース

  1. 地方が奮闘!広がるキャッッシュレス化への工夫
  2. キャッシュレス決済に工夫を取り入れている地方銀行
  3. 6社のコード決済が一斉に“JPQR”準拠 へ
  4. コロワイドグループやアトムグループでd払いが利用可能に。
  5. 美容業界にも注目!気になるキャッシュレス比率は…?
  6. まとめ

地方銀行も続々キャッシュレス化!2019年7月のキャッシュレスニュース

2019年6月のキャッシュレスニュースでは、ここまでのキャッシュレス化推進における調査結果が複数社から集まり、リアルなキャッシュレス決済の利用率がわかってきました。調査結果からもまだまだキャッシュレス化がしっかりと浸透していないとわかってきた中で、大手コンビニエンスストアやショッピングセンターではキャッシュレス決済を取り入れたキャンペーンなどを打ち出すなど工夫も見られます。
一方で地方が積極的にキャッシュレス決済を導入していくニュースも多くあり、各地方でキャッシュレス決済に大きな関心を持っていることがキャッシュレス化を進める日本にとって大きな一歩となっているようです。

そんな中、2019年7月は地方銀行が積極的にキャッシュレス決済を導入していくニュースが豊富でした。地方銀行がキャッシュレス化をしていくことで、若年層から年配の方までキャッシュレス化が広がっていくことが期待されます。

地方が奮闘!広がるキャッッシュレス化への工夫

これまでのキャッシュレス化推進というと、まずは各種決済会社のキャンペーン等によるキャッシュレスへの認知度UP、そして決済会社と企業とが連携をした上で、顧客を取り入れたキャッシュレス化を広げていく、という形でした。また2019年6月のニュースの一部でも紹介していましたが、キャッシュレス決済へ向けて動いている地方も増えています
そんな中2019年7月は、地方は地方でも“地方銀行”が続々とキャッシュレス決済に対応していくニュースが多く見受けられた1ヶ月でした。以前から地方銀行がキャッシュレスに対応するニュースはあったのですが、この1ヶ月は単なるキャッシュレス決済への対応ではなく、スマホ決済と口座連携など、これまでとはまた別な方向からのキャッシュレス対応。「日常の中でキャッシュレス決済をいかに身近に感じさせられるか」という部分を考えた上でのキャッシュレス対応が多かったように思います。

それでは、2019年7月の気になるキャッシュレスニュースをチェックしていきましょう。

キャッシュレス決済に工夫を取り入れている地方銀行

長野県内の6信金(長野・松本・上田・諏訪・飯田・アルプス中央)が、県内でのインバウンドを含む観光客が増加している中でスマートフォン決済サービスと口座連携をスタートさせました。連携をしたのはスマートフォン決済サービス「Origami Pay」。利用者は「Origami Pay」アプリをダウンロードし預金口座の口座番号を登録後、スマートフォンで決済できるようになります。決済と同時に口座から代金を引き落とすのでクレジットカードなどのように使いすぎを防ぐことができることもメリットです。

福井県の福邦銀行は7月22日(月)よりスマートフォン決済サービスに預金口座から電子マネーを入金できるサービスを始めました。このサービスではメルカリの子会社、メルペイが運営する「メルペイ」と、決済サービスのウェルネットが運営する「支払秘書」が対応。各社のアプリ等から福邦銀行の普通預金口座を登録することでスマートフォンの操作のみで指定した金額を即座に電子マネーに入金でき、入金した電子マネーは各社アプリからQRコードを利用するキャッシュレス決済等に使えます。(24時間いつでも入金可能ですが、キャッシュカードを持っていることが条件になります。)

宮崎県では、高千穂町の観光人気や、クルーズ船が寄港する日南市はキャッシュレスに慣れたインバウンドも多くキャッシュレス対応が急務と判断されたことで、宮崎銀行と宮崎県日南市、宮崎県高千穂町は7月5日(金)にそれぞれの地域でのキャッシュレス化推進で連携協定を結びました。協定ではキャッシュレス決済の仕組み等を周知して住民や事業者に導入を働きかけ、住民には利用を促し事業者には決済データを活用した経営サポートをするなどした上で、導入後の地域や事業者の情報を発信していくとのこと。宮崎銀行の平野亘也頭取は「宮崎発の全国のモデルケースとなるような取り組みにしたい」との発言もしており、今後のキャッシュレス化にも進んで取り組んでいくと見られています。

さらに山形銀行では7月10日(水)にQRコード決済を利用した決済サービス「スターペイ」の営業代理業務を始めました。スターペイは「PayPay」や「LINE Pay」など複数のQRコード決済を1台で対応できる端末。消費税の引き上げに伴った消費者還元事業に向け、顧客店舗に決済端末を紹介し店舗がキャッシュレス対応の手続きを簡単に行えるようにしていきます。山形では決済端末導入にあたって対面で説明を受け立ち小規模店も多いようで、顧客との信頼関係を深める効果も期待されます。

このように単に地方銀行がキャッシュレス決済に対応するだけでなく、「いかにしてキャッシュレス決済を地域に根付かせ身近に感じさせていくか」という部分に注目した上でのキャッシュレス化がなされたのがこの1ヶ月。都心よりも新しい情報が行き交うことが少ない場合もある地方だからこそ、銀行全体で工夫を取り入れたキャッシュレス化推進をしていくことが重要になっています。
また山形県での “対面で説明を受け立ち小規模店も多いよう” という部分を見てもわかるように、地方からの書類や簡易的な説明だけではどうしても分からない部分があるという方が多いのも現状。長年商売をやっている方々のためにもより丁寧で内容をほぐしながら説明する機会も必要なのかもしれません。

6社のコード決済が一斉に“JPQR”準拠 へ

2019年8月1日(木)午前3時より、au PAY(KDDI)、銀行Pay(GMOペイメントゲートウェイ)を用いる決済サービス[OKIPay、はまPay、ゆうちょPay、YOKA!Pay]、メルペイ、LINE Pay、りそなウォレット(りそな銀行)の6つのQRコード決済が、JPQRに準拠することが分かりました。
JPQRとは、一般社団法人キャッシュレス推進協議会が策定したバーコードやQRコードを用いた決済手段におけるガイドライン=統一規格のこと。

これまでのQRコード決済と言うと、お店のカウンターに複数決済サービスのQRコードが数種類置いてあり、利用する決済サービスに合ったQRコードを読み取ってから決済をする形でした。しかしこのJPQRコードは、対応する事業者であれば1つのQRコードを提示するだけで各決済サービスに対応できるようになります。つまり、利用者側は自分が利用する決済サービスのアプリでQRコードを読み取って決済をすればいいだけ。お店のレジ前で一回一回「利用している決済サービスはこれだから、このQRコードを…」と考えながら決済をしなくても良くなる、ということです。

しかしJPQRに準拠する場合、コード決済事業者のJPQR対応コードと従来型コードの出し分けが難しくなってしまうため、事業者は同一のタイミングで一斉にJPQRに対応していかなければなりません。そのため、今回は6サービスが一気に準拠する形になったようです。

さらに年内には、新たに6サービス準拠する予定であることも発表されています。

QRコード決済が出てきてからというもの、一番不便だなと感じる点はここだった、という方も中にはいらっしゃるのではないでしょうか。
実際「どのQRコード読めばいいんだっけ」という、ちょっとした手間がキャッシュレス決済よりも現金決済を選んでしまう理由のひとつにもなっている中、JPQR準拠でどこまでキャッシュレス決済を利用する方々の手間をなくしていけるかという部分も注目されているのです。

今後もJPQRに準拠した事業者や決済サービスが増えていくことで、より多くの方がキャッシュレス決済を利用しやすくなりそうです。

コロワイドグループやアトムグループでd払いが利用可能に。

d払いアプリに表示されたバーコードやQRコードを提示するだけでキャッシュレスでお買い物ができ、dポイントがたまるスマートフォン決済サービスd払い®も、躍進を続けています。

2019年7月1日(月)からは、株式会社コロワイドがd払い®に対応しました。
これにより、コロワイドグループの株式会社レインズインターナショナルが運営する「牛角」や「しゃぶしゃぶ温野菜」「居酒屋 土間土間」「かまどか」「手作り居酒屋 甘太郎」「北の味紀行と地酒 北海道」などなど多数の店舗にてスマートフォン決済サービスd払い®を導入。
d払い®で決済をした場合、付与されるポイントは200円(税込)ごとに1ポイント。6月24日(月)〜7月31日(水)までは「d払い®20%還元キャンペーン」も行っており、エントリー期間中にエントリーした上でポイント還元対象期間にd払い®で食事すると、食事金額の20%のdポイントが通常のポイントにプラスして付与されるキャンペーンも行われました。

またコロワイドグループの株式会社アトムと株式会社アトム北海道も7月1日(月)よりd払い®を導入。「ステーキ宮」「カラオケ時遊館」「にぎりの徳兵衛」などでd払い®が利用可能となりました。

過去にもファミリーマートやローソンなどのコンビニを始めとした様々な企業に導入してきたd払い®。様々なキャンペーンなどと合わせて導入していることもあり、今ではたくさんの方々が利用している決済サービスのひとつでもあります。利用する方が多くなっていくにつれて、導入する店舗も増えてきているため、今後もどんどんシェア率を拡大していく決済サービスとなるでしょう。

美容業界にも注目!気になるキャッシュレス比率は…?

意外にもキャッシュレス決済を導入されている店舗が少ない美容業界でも、最近ではキャッシュレス決済を導入する店舗が増えてきました。

株式会社リクルートライフスタイルは2019年7月11日(木)、2019年6月24日(月)~2019年6月26日(水)に調査した「美容サロンにおけるキャッシュレス決済に関する意識調査」の結果を公開。

「美容サロンでキャッシュレス手段を利用することがあるか」という質問に対して、“よく利用する”と回答したのは25.3%と約4割。なおこの質問で46.9%の人が“利用しない”と答えていますが、研究員からのコメントによると美容サロンでキャッシュレス決済を利用しなかった方は「利用したかったけれど、お店にキャッシュレス利用端末が導入されていなかった」といった声が多かったそう。

美容サロンジャンル別での「キャッシュレス決済ができずに不便に感じたことはあるか」という質問についてはネイルサロンでは約5割の方が、最も不便さを感じる割合が低かったヘアサロンでも約3割の方が不便さを感じたことがある、という結果になりました。

さらに「美容サロンでキャッシュレス決済が利用できるようになればもっと物販の購入やメニューの追加がしやすくなると思うか?」という質問では、全体で約4割以上が物販購入や追加メニューがしやすくなるという結果が出ました。

研究員からのコメントでは、ホットペッパービューティーでは店舗検索の際に「カード支払OK」という条件で絞り込みをするユーザーも多く見られるとのことです。
美容メンテナンスはその場でメニューなどを追加することも多く、お店に行く前に予想していた金額よりも高額になるというパターンもあるため現金支払いが難しくなる時もあります。そんな中でキャッシュレス決済に対応していないお店で施術を受けてしまうと、せっかく美容メンテナンスにきたのに、少し後悔の残る結果になってしまうことも。キャッシュレス決済が美容業界全体に浸透していくことで消費者ももっと有意義で満足感のある時間を過ごせるようになっていくのではないでしょうか。
また追加メニューや物販購入もしやすくなることで1人に対する単価もアップすることが予想できるため、美容業界にキャッシュレス決済が浸透していくことは消費者にも事業者側にもメリットが多くなりそうです。

【関連記事】美容エステ・サロンにクレジットカード決済を導入するメリットと注意点とは?

まとめ

各社で導入する決済の数もグンと増えていく中で、地方では地域の企業などへの説明会を行うなど、キャッシュレス決済の理解を深めてもらえるよう工夫をしているようです、
しかし、利用できる決済方法や便利なサービスが増えていくたびに疑問は増えていくはず。
それぞれの事業者の毎日の営業がある日々でそれぞれの細かい悩みや疑問をどう解決へ導いていくのかという点も大事になってきそうです。