STORESターミナル(旧Coiney)の3つの決済サービスの特徴とは?

STORESターミナル(旧Coiney)の3つの決済サービスについて解説

  1. STORESターミナル(旧Coiney)について
  2. STORESターミナル(旧Coiney)の3つの決済サービスの特徴
  3. まとめ

STORESターミナル(旧Coiney)の3つの決済サービスの特徴とは?

店舗にキャッシュレス決済を導入する場合は、複数のキャッシュレス決済をまとめて導入できるスマホ決済サービスを利用することで導入できます。
スマホ決済サービスにはいくつか種類がありますが、その中でもサービス内容に富んでいるのがSTORESターミナル(旧Coiney)です。STORESターミナル(旧Coiney)では3つの決済サービスを使い分けることで、さまざまな決済場面に対応できます。
今回はSTORESターミナル(旧Coiney)が気になっている方や導入を検討している方向けにSTORESターミナル(旧Coiney)の3つの決済サービスについて分かりやすく解説していきたいと思います。

STORESターミナル(旧Coiney)について

STORESターミナル(旧Coiney)とは「hey株式会社」が提供する、スマホ決済サービスです。会社としては日が浅いですが、短期間でスマホ決済の代表的サービスへと成長しました。「VISA」、「Mastercard」を始めとしたクレジットカードブランド、「Suica」を始めとした電子マネーサービスにも対応しており、インバウンド向けに「WeChat Pay」にも対応しています。
Coineyは、主に「Coineyターミナル」「Coineyスキャン」「Coineyペイジ」の3つの決済サービスに分かれています。店舗においてはこの3つのサービスを上手く活用することで、大きな集客効果へとつなげられます。

STORESターミナル(旧Coiney)の3つの決済サービスの特徴

◇対面決済
スマホ決済サービスと聞いてすぐに思いつく、機器を使った対面決済サービスです。専用決済端末と、専用アプリをインストールしたスマホやタブレットを連携させて、クレジットカードや電子マネーの決済を行います。
1回払いだけでなく、2回払い、そしてリボ払いにも対応しているのが大きな特徴の一つです。実店舗決済において「Square(スクエア)」「Airペイ(エアペイ)」、「楽天ペイ(R pay)」の競合3つが1回払いのみにしか原則対応していない点を踏まえると、複数回払いに対応しているのは大きなメリットです。
さらに店舗にすでに導入しているPOSシステムと組み合わせて、スムーズに会計できる機能も利用できます。それだけでなく「freee(フリー)」や「マネーフォワード」といった各会計サービスとの連携も簡単にできるので、金銭管理の面でも便利です。
他にもデジタルデータでレシートを保存してメールで送信したり、Bluetooth対応のプリンターに出力したりできる「デジタルレシート」機能も利用可能で、利便性の高いサービスとなっています。

◇QRコード決済
近年は訪日外国人が増えており、外国で普及しているキャッシュレス決済を導入すれば外国の方も新規顧客として見込めるようになります。

STORESターミナル(旧Coiney)は、訪日外国人の中でも特に中国人の方をターゲットにしたサービスです。
中国最大手のQRコード決済サービス「WeChat Pay」に対応しており、専用アプリをインストールしたスマホやタブレットでお客様のWeChat PayアプリのQRコードを読み込めば、即時で決済が完了します。
WeChat Payに対応しているのはSTORESターミナル(旧Coiney)とAirペイだけで、Squareと楽天ペイは対応していません。特に日本は「東京オリンピック」など今後世界的なイベントを控えており、将来的に増加する可能性のあるインバウンドに対応した決済を導入しておくのは、非常に大きな意味があります。インバウンドまで含めて集客を考えたい場合は、STORESターミナル(旧Coiney)が有力な選択肢の一つになってきます。

◇オンライン決済

まず店舗側で決済用のWebページを作成します。作成も管理画面から件名や金額を入力するだけなので、難しいことは考えずに簡単に作成可能です。
そして完成したWebページURLを、お客様のメールアドレスに送信します。お客様は送信されたURL先のWebページにアクセスしてクレジットカード番号などを入力するだけで、決済が完了します。

例を挙げると、店舗が電話注文を受けた場合、お客様にURLを送信すれば、簡単に決済が完了します。また、訪問サービスなどですぐに決済を行いたいときも、オンライン決済を使えばその場であっという間に決済が完了します。

他にも決済ページペイジを作成すれば日本語、英語、繁体字中国語、簡体字中国語、韓国語、タイ語の合計6言語に自動対応できたり、ページ背景などを変えてオリジナルページを作ったりと、多彩な機能で店舗をサポートしてくれます。

ただしCoineyペイジが利用できるのは、「VISA」と「Mastercard」のみです。2つとも世界的なブランドですが、使えないお客様もいることは念頭に置いておきましょう。

まとめ

今回はSTORESターミナル(旧Coiney)の3つのサービスについてご紹介してきました。
どのサービスも利便性が高く、利用価値が高いサービスです。特にオンライン決済はオリジナリティが高く、店舗の発送次第でいろいろな用途に使えます。また、今なら「キャッシュレス消費者還元事業」に申請して、STORESターミナル(旧Coiney)を低コストで導入して集客に利用できます。この機会にぜひ、利便性の高いSTORESターミナル(旧Coiney)を導入して店舗経営に役立ててください。

もっとSTORESターミナル(旧Coiney)について詳しく知りたいという方はSTORESターミナル(旧Coiney)のまとめ記事をご覧ください。