楽天ペイ・楽天カードでまた不具合発生 システムエラーによる障害情報や原因まとめ

目次

  1. 楽天ペイで不具合が発生
  2. 具体的な障害情報
  3. 不具合が発生した原因
  4. 現在の状況(2019年11月26日現在)
  5. 今後への影響
  6. 関連リンク

 

楽天ペイで不具合が発生

2019年11月25日午前から楽天ペイで不具合が発生し、利用できない状況になっていました。

楽天ペイは楽天カードとともに23日にも障害が発生し、「支払いが出来なくなっている」や「アプリにエラーが出続ける」といった事態に陥ったばかりでした。

楽天ペイ導入を考えていた店舗の方もいらっしゃるかもしれませんが、今回の事件の内容も十分理解した上での導入を考えた方がよいでしょう。

 

具体的な障害情報

具体的にどのような障害が出ていたのでしょうか。11月23日と11月25日の障害情報をそれぞれまとめます。

まず11月23日についてです。

11月23日午前、楽天の運用する楽天カードと楽天ペイで不具合が起きました。楽天ペイアプリのカード申し込みなどの一部機能が停止していました。

また、実店舗向けの楽天ペイでもアプリ決済やカード決済が利用できなくなっていました。

同日14時40分にアプリ・カード決済は復旧しましたが、申し込み・借り入れ・館員専用ウェブサイト・スマートフォンアプリは11月25日14時13分ごろまで利用できない状況が続いていましたが現在は復旧しています。

次に11月25日についてです。

11月25日9時38分頃から楽天ペイで不具合が発生しました。

アプリを起動するとエラーメッセージが出て利用できなくなっていました。同日14時過ぎには再び利用が可能になりました。

 

不具合が発生した原因

11月23日に発生した不具合の原因は、楽天が利用している外部のデータセンターであるQTnetの電源設備更新作業に伴う不具合によるものだと同社は説明しています。

この原因が11月25日にも影響を及ぼしており、大量の未決済データが流入したことでネットワークが不安定になったことが同日の不具合発生原因だと考えられています。

 

現在の状況(2019年11月26日現在)

楽天は公式サイトにて、現在サービスの復旧は完了しているということを発表しています。

 

今後への影響

いかがでしたでしょうか。楽天ペイの導入を検討していた店舗の方々もいらっしゃったと思いますが、どのように感じられたでしょうか?

今回の騒動で約1800万人を超える人々に影響が出たと考えられており、楽天カードや楽天ペイのみならず楽天ブランドそのものへの信用の低下は避けられないでしょう。

現在、キャッシュレス還元事業に伴ってスマホ決済をはじめとしたキャッシュレス決済が台頭してきています。

そのような時代背景の中で、これからキャッシュレス決済を導入しようとしている店舗は決済サービス選びに後悔したくないことだろうと思います。

このサイトでは他にもキャッシュレスサービスについて詳しく解説していますので是非参考にしてみてください。

 

関連リンク

楽天ペイ公式サイト

当サイト一番オススメな決済サービスSquareについての完全まとめ記事

 

関連記事リンク

キャッシュレス決済導入にはどれがいい?4つのおすすめキャッシュレスサービスを紹介&徹底比較!

Coiney(コイニー)と楽天ペイについて徹底解説!対応決済・導入方法など