Airペイ(エアペイ)と楽天ペイ(R Pay)の決済 手数料等を比較!ほぼ互角?

 

目次

1.Airペイ(エアペイ)と楽天ペイ(RPay)って?

  • Airペイ(エアペイ)
  • 楽天ペイ(RPay

2.決済の種類

  • 主要決済について(クレジットカード・電子マネー・QRコード)
  • クレジットカードの支払方法について

3.費用

  • 導入コスト(決済端末代金など)
  • 導入後(決済手数料、振込手数料)

4.売り上げの締め日と入金サイクル

  • 売り上げの締め日と入金サイクルが重要な理由
  • 各金融機関ごとの締め日と入金サイクル

5.決済端末の特徴

  • デザイン
  • 対応OS

6.その他の連携サービス

7.キャッシュレス・消費者還元事業と軽減税率補助金の内容

8.導入方法(審査に関する情報)

  • 審査に必要な書類
  • 審査スピード
  • 審査基準

9.Airペイ(エアペイ)と楽天ペイ(RPay)のどちらを選ぶべきか

  • Airペイ(エアペイ)がおすすめな人
  • 楽天ペイがおすすめな人

はじめに

 

店舗営業を始めるにあたって、ぜひ導入を検討したいのが決済代行サービスです。

現在、若者を中心に現金をあまり持たず、クレジットカードや電子マネーで決済する人が増えています。そのためカードが使えないから購入を諦めるという場合もあり、経営者側としてはせっかくのビジネスチャンスを逃してしまうかもしれません。

 

今回紹介するAirペイ(エアペイ)・楽天ペイSquare(スクエア)・Coiney(コイニー)と並んで4大スマホ決済サービスと呼ばれています。

 

今回はこのAirペイと楽天ペイのどちらを利用するか迷っている方に対して、重要なポイントをどこよりも徹底的に比較をしようと思っています。

先に結論ですが、

1)Airペイも楽天ペイもどちらもおすすめのサービスです。
2)”●●な人は選ばない方がいい”というケースはあります。
3)決済端末は今なら「無料」で手に入ります。
4)どちらがいいかは使ってから決めるべきです。

早速ですが、スマホ決済の比べ方からご紹介します。各社のホームページを見ると「決済端末のキャンペーン」が目立ちますが、これはこれで重要ですが、優先したいのは「導入後」です。導入する皆様によって、それぞれの項目の重要度は変わりますのでどこが外せないかを意識しながら見て頂く事をおすすめします。

 

Airペイ vs 楽天ペイ
決済の種類 引き分け
初期費用(決済端末代金など) Airペイ
ランニング費用(決済手数料・振込手数料) 引き分け
入金サイクル 楽天ペイ
決済端末(スペックやデザイン) 楽天ペイ
審査スピード Airペイ

 

関連記事 : スクエアとコイニーの導入で迷ったら?手数料やサービスで徹底比較

     エアペイとコイニーの導入で迷ったら?手数料やサービスで徹底比較

 


1.Airペイ(エアペイ)と楽天ペイ(RPay)って?

  •   Airペイ(エアペイ)

Airペイ(エアペイ)はリクルート社の運営するサービス

 

Airペイは、有名企業のリクルート社が運営している決済代行サービスです。iPadやiPhoneがあれば他に用意するものはありません。リクルート社から提供されるカードリーダーと接続して利用する仕組みです。

後ほど紹介しますが、各種クレジットカードや電子マネーの利用のほか、Apple Pay(アップルペイ)QUICPay(クイックペイ)などにも対応しています。
QRコードを利用すればAlipay(アリペイ)WeChat Payなどの中国企業の決済システムを利用することができるため、訪日外国人数が多い中国人の決済にも役立ちます。

 

Airペイ(エアペイ)の公式サイトはこちら

 

  •  楽天ペイ

楽天ペイは楽天が運営するサービス

 

楽天ペイは、楽天市場を運営している楽天が提供する決済代行サービスです。楽天会員に向けてRペイアプリを提供しており、そのアプリなどを利用して決済ができる点が特徴になっています。スマホだけで決済を終了させることができるため、若者に好まれる決済です。

もちろんクレジットカードや電子マネーなどの決済にも対応しています。iPadやiPhoneに店舗用アプリをインストールし、カードリーダーと接続することで利用できる仕組みです。

 

楽天ペイ(R pay)の公式サイトはこちら


2.決済の種類

  •  主要決済について
Airペイ 楽天ペイ
クレジットカード決済 Visa
Mastercard
JCB
American Express
Diners Club
Discover
Visa
Mastercard
JCB
American Express
Diners Club
Discover
電子マネー決済 交通系(Suicaなど9社)
QUICPay
iD
 

交通系(Suicaなど9社)
QUICPay
iD
楽天Edy
nanaco
Apple Pay
Google Pay

 

QRコード決済 WeChat Pay
Alipay
LINE Pay
PayPay
d払い
楽天Pay
au Pay

まず、最重要のクレジットカードの対応状況についてはAirペイも楽天ペイも変わりません。

電子マネーは交通系9社に加え、AirペイはQuickPay、iDに、楽天ペイはそれに加えて楽天Edy、nanaco、Apple Pay、Google Payに対応しています。

QRコード決済はAirペイは5種類、楽天ペイは2種類に対応しています。

しかし、PayPayとLINE Payに関してはそれぞれ直接契約して導入することで手数料を節約できるキャンペーンが実施されています。そうすることでPayPayは2021年9月30日まで、LINE Payは2021年7月31日まで決済手数料が無料になりますので、注意が必要です。

 

まとめると、決済の種類という点では電子マネーで見れば楽天ペイ、QRコード決済でみればAirペイの方が優れています。しかし、Airペイが扱っているQRコード決済の中には直接契約したほうが決済手数料がお得であるものがあります。そして、楽天ペイはAirペイが対応していない多くの電子マネーに対応しています。この2点から、現状ではほぼ変わらないと言えます。

 

ちなみに、Squareは上記のクレジットカード決済に加えてタッチ決済(Visa・Mastercard)、CoineyはSAISON CARDが使用できるため、SquareとCoineyの導入も検討してみることをお勧めします。

 

Square(スクエア)の公式サイトはこちらから

 

  •  クレジットカードの支払方法について
Airペイ 楽天ペイ
一括払い 対応 対応
2回払い 非対応 非対応
リボ払い 非対応 非対応

クレジットカードの支払方法に関しては両サービスとも同じ内容になっています。

 


3.費用

  •  導入コスト(決済端末代金など)

どこまでを導入コストと定義するかによりますが、しばし「決済端末」のみに着目しがちです。しかし、新規での開業の場合はPOSレジ、レシートプリンター、タブレット等の周辺のコストを含めた検討をする必要があります。以下の通り、Airペイが楽天ペイよりも安いことが分かります。

Airペイ 楽天ペイ
決済端末代金 18,334円(税抜)
※キャッシュレス・消費者還元事業制度の利用で無料
17,407円(税抜)
※キャンペーン期間中無料
POSレジ 無料 なし
レシートプリンターなど 軽減税率利用した補助
(4分の1の価格で購入可)
なし

 

1)決済端末代金

定価はAirペイは税抜18,334円、楽天ペイは税抜17,407円となっています。

決済端末代は1台目に限るとどのスマホ決済サービスでも「キャッシュレス・消費者還元事業」や「キャンペーン」の制度利用で無償で提供されます。

「2台目が安い」という視点ですと楽天ペイですが、1台目に限るとAirペイの方が定価が高い為、安くなっているという考え方も出来ます。つまり、現時点(2019年10月)ではあまり差がないので、決済端末代金を選定の決め手にする必要はないです。

 

2)POSレジ

 

Airペイは、モバイルPOSが無料で利用出来ますが、iOSのみの対応なので注意知る必要があります。主要スマホ決済ではAirペイとSquareのみが自社のモバイルPOSを提供しています。

一方楽天ペイは「SmaRegi」「POScube」「Orange Operation」「Bionly」「Ubiregi」「POS+」といった6種類のPOSシステムに対応しています。

 

3)レシートプリンター等の周辺機器

Airペイは独自の対応機器を販売しています。

また、Airペイは「軽減税率対策補助金のA-3型 (モバイルPOSレジシステム)」の登録企業のため、対象の周辺機器を導入する場合は期間限定で4分の1の価格で購入することができます。詳細はAirペイや軽減税率のホームページでご確認下さい。

一方楽天ペイは周辺機器を自社では提供しておらず、軽減税率対策補助金がないため、定価で周辺機器を購入する必要があります。

 

  •  導入後(決済手数料・振込手数料)

 

Airペイ 楽天ペイ
決済手数料 クレジットカード Visa,Mastercard, American Express
3.24%
JCB,Diners Club,Discover
3.74%
Visa,Mastercard, American Express
3.24%
JCB,Diners Club,Discover
3.74%
電子マネー 交通系電子マネー
3.24%
QUICPay,iD
3.74%
交通系電子マネー,楽天Edy,nanaco
3.24%
QUICPay,iD
3.74%
QRコード WeChat Pay,AliPay,
LINE Pay,PayPay,d払い
3.24%
楽天Pay,au Pay
3.24%
月額費用 無料 無料
振込手数料 無料 楽天銀行以外の金融機関:210円

 

上記は通常時(キャッシュレス消費者還元事業の期間を除く)の導入後に掛かる主な費用です。

PayPayとLINE Payに関してはそれぞれ直接契約して導入した方がお得になるので注意が必要です。先ほども説明しましたが、PayPayはお客がQRコードを読み込む方式の場合2021年9月30日まで、LINE Payは2021年7月31日まで決済手数料が無料になります。

 

1)決済手数料

決済手数料の比べ方ですが、外せないのは圧倒的に利用頻度が高い「クレジットカード決済」の手数料です。その中でもVISA、Mastercard、American Expressの3ブランドが全体の80%を占めています。

しかし、同種類の手数料は2つのサービスとも同じなので、変わらないといえます。

 

2)月額費

Airペイ、楽天ペイともに月額費用はかかりません。

 

3)振込手数料

Airペイは無料で楽天ペイは楽天銀行以外の金融機関の場合振込手数料が210円かかります。そのため、Airペイの方が振込手数料に関しては若干優位といえるでしょう。

 

Airペイ(エアペイ)の公式サイトはこちら

楽天ペイの公式サイトはこちら

 


4.売り上げの締め日と入金サイクル

 

  • 売り上げの締め日と入金サイクルが重要な理由

中小企業を問わず売上を早く現金化させるのはキャッシュフローの観点でも死活問題です。スマホ決済業界においては、Airペイ・楽天ペイに限らず締日と入金サイクルは各社で一番差が出る所です。ご自身の取引銀行を踏まえてご確認下さい。

 

  • 各金融機関ごとの締め日と入金サイクル

 

金融機関 手動/自動 入金サイクル
Airペイ みずほ銀行・三菱UFJ銀行・三井住友銀行 自動 月6回(売上から5日後)
上記以外の金融機関 自動 月3回(売上から10日後)
楽天ペイ 楽天銀行 自動 翌日
上記以外の記入機関 手動 翌営業日

 

1)Airペイ

みずほ銀行・三菱UFJ銀行・三井住友銀行は5,10,15,20,25日,月末締めで締日前日までの売上金が5日後に入金される月6回入金です。その他の金融機関は10,20日,月末締めで締日前日までの売上金が5日後に入金される月3回入金です。

なお、入金サイクル等に関わらず、ゆうちょ銀行は振込先として指定できないので注意が必要です。

 

2)楽天ペイ

楽天銀行は当日23:50時点の売上が翌日に自動で入金されます。楽天銀行以外の金融機関は23:30までに入金依頼すると、ご指定の口座へ当日23:50までの売上が翌営業日に全額入金されます。

また、金曜日、土曜日、日曜日にそれぞれ入金依頼を行った場合でも、いずれかに一回だけ入金依頼を行った場合でも、月曜日にまとめて(金曜日、土曜日、日曜日分合算して)振り込まれます。

 

御覧の通り、楽天ペイは入金が早く、Airペイはそこまで早くないです。

この2つのうちのどちらでもありませんが、4大スマホ決済サービスのうちの1つであるSquareの入金は最短翌日と最も早いので、入金サイクルを重視しているのであればSquareを検討されることをおすすめします。


5.決済端末の特徴

続いてAirペイと楽天ペイの決済端末の特徴について、デザインと対応OSに絞って比較していきます。

 

評価
デザイン (人によって異なるが)変わらない
対応OS 楽天ペイ

 

  • デザイン

     AirPAY              Rakuten Card & NFC Reader Elan

 

カードリーダーに関しては、端末の形も色も非常に似ています。

 

  •  対応OS

楽天ペイはiOS端末とAndroid端末に対応していますがAirペイは先ほども説明した通りiOSのみに対応しています。そのため、楽天ペイの方が優れているといえます。

 

Airペイ(エアペイ)の公式サイトはこちら

楽天ペイの公式サイトはこちら

 


6.その他の連携サービス

Airペイ 楽天ペイ
連携サービス AirREGI SmaRegi
POScube
Orange Operation
Bionly
Ubiregi
POS+

 

上の表からもわかるように、Airペイは自社独自の「AirREGI」のみの対応ですが、楽天ペイは全6種類のサービスと連携しています。したがって、連携サービスの点では楽天ペイの方が優位だといえます。

 


7.キャッシュレス・消費者還元事業と軽減税率対策補助金の内容
(2019年10月現在)

 

Airペイ 楽天ペイ
キャッシュレス・消費者還元事業 1)決済端末無料
2)iPad無料提供

2)決済手数料が3.25%→2.16
1)決済端末無料
2)決済手数料が3.25%→2.16
軽減税率対策補助金 タブレット端末:1/2の金額で購入可能
その他周辺機器:1/4の金額で購入可能
なし
キャンペーン情報 1)決済端末無料
2)1500円×紹介人数分の金額をプレゼント
1)決済端末無料

 

キャッシュレス・消費者還元事業に関しては、Airペイは決済端末に加えiPadが無料で提供されるキャンペーンがあります。

(ただし、利用実績の縛り、たとえば特定の時間帯に使用しないことが禁止されているなどがあり、条件が厳しいです。また、条件を満たせなかった場合あとから端末代金と手数料が請求されます。条件を満たせるかどうかよく検討してください。)

 

したがって、キャッシュレス・消費者還元事業の対象になりAirペイの定める条件を満たせる場合はAirペイそうでない場合は楽天ペイがおすすめです。

 

ちなみに、Squareでは軽減税率対策補助金の一環としてカード決済手数料が30万円分無料になるキャンペーンを行っています。ですのでSquareの導入も検討してみることをお勧めします。

 

Airペイ(エアペイ)の公式サイトはこちら

Coiney(コイニー)の公式サイトはこちら


8.導入方法(審査に関する情報)

 

  • 審査に必要な書類

両社とも、法人(登記簿謄本)個人事業主(開業届)が必要で、業種・業態により必要な書類が変わります。

 

  • 審査スピード

ここが一番差が出るところです。

Airペイは3日ほどで審査が完了します。

 

Visa
MasterCard
楽天Edy
交通系電子マネー
原則3~4営業日
JCB
American Express
Diners Club
Discover
QUICPay
iD
原則2週間

一方、楽天ペイは上の表のようにVisa、MasterCardおよび楽天Edy、交通系電子マネー、nanaco、WAONの審査結果は原則3~4営業日、JCB、American Express、Diners Club、Discover、QUICPay、iDの審査結果およびau PAYの審査結果は原則2週間程度必要になります。

 

審査スピードの点からはAirペイが優位だといえます。

 

ちなみに、Squareは最短即日から利用でき、他社に比べ圧倒的に早いが特徴です。

 

  • 審査基準

スマホ決済全般共通ですが、業種・業態依存で審査結果が変わります。取り扱い業者の可否は各ホームページで確認してください。

確かな事は分かりませんが、口コミではAirペイで審査NGでも楽天ペイでOK、またその逆のケースも稀にあるようです。


9.Airペイ(エアペイ)と楽天ペイ(RPay)のどちらを選ぶべきか

  • Airペイがおすすめな人

・ QRコード決済の種類を充実させたい

・ 初期費用を抑えたい

・ 金融機関にかかわらず振込手数料を無料にしたい

・ できるだけ短期間の審査で導入したい

 

  • 楽天ペイがおすすめな人

・ 電子マネー決済の種類を充実させたい

・ 入金サイクルを重視したい

・ iOS端末だけではなくAndroid端末も利用したい

・ 連携させるPOSレジのソフトウェアにこだわりたい

 


まとめ

Airペイと楽天ペイのそれぞれに便利な特徴があるため、ご自身の事業のニーズにより合ったサービスを選ぶようにするのが選択のポイントです。

たとえば、毎日の仕入れが現金決済でしなければならないような場合には、毎日自動的に入金がある楽天ペイのを選ぶ方が使いやすいです。もっとも、これらの決済代行サービスは便利な点が多いですが、条件を満たさないと端末価格がかかってしまう場合があり、注意が必要です。

 

気になるサービスにつきましては、ぜひ問い合わせてみてください。

 

●今回紹介したサービス
審査スピードが強みのAirペイ(エアペイ)についてもっと詳しく
翌日入金が強みの楽天ペイについてもっと詳しく

 

●その他の類似のサービス
審査が早く、おしゃれな端末のSquareについてもっと詳しく
WeChat Pay対応で中国人観光客にも強いCoineyについてもっと詳しく

関連記事 : スクエアとコイニーの導入で迷ったら?手数料やサービスで徹底比較
Airペイ(エアペイ)とCoiney(コイニー)を比較!手数料・初期費用はどっちが安い?