東京オリンピックの延期が決定 中小企業が行うべきキャッシュレス対策とは?

東京オリンピック延期になった今、中小企業はどうする?

目次

1.東京オリンピック延期について解説
2.新型コロナウィルス感染症による影響について解説
3.中小企業は今、何をするべきか
4.キャッシュレス決済面での準備とは?
5.おすすめの決済代行会社は?
6.まとめ

オリンピック延期 中小企業は何が出来る?

2020年3月24日に東京オリンピックが約1年を目処に延期されることが発表されました。2020年夏の開催に向けて様々な準備をしてきた事業主の方々には非常に残念なニュースだったと思いますし、オリンピックに伴ったインバウンドの増加を見込んで様々な対策を行ってきた事業主の方々にとっては大きな痛手を覚悟しなければならないニュースだったことでしょう。今回はまだまだ新型コロナウィルス感染症の終息の目処が立っていない中で、2021年の東京オリンピック開催に向けて中小事業主の方々が今何ができるのかということをキャッシュレス決済の観点から解説していきたいと思います。

a

東京オリンピック延期について解説

ではまず東京オリンピックがどうなるのか、何が原因なのか、その原因に対する政府の政策は何なのかといった部分を解説していきたいと思います。

東京オリンピックはどうなる?

東京オリンピック2020の中止はなく、あくまで延期という対策をとるようです。延期の時期としては2020年内での開催はなく、2021年夏までの開催を目指すとのことです。また名称は「東京オリンピック2020」のまま変更なく開催するということです。

東京オリンピック延期は何が原因?

東京オリンピック延期の理由としてはご存知の通り新型コロナウィルス感染症の世界レベルでの感染拡大を受けてとその少しでも感染リスクを抑止するためだと言われています。また新型コロナウィルス感染症の対策が十分に確認できるまでカナダなどの様々な国がオリンピックへの選手の派遣を行わないということを発表したことなど大きな理由の一つであるようです。

政府による政策は?

政府は新型コロナウィルス感染症への対策として様々な施策を掲げていますが、特に観光業に向けて魅力的な観光コンテンツの造成、多言語表示の対応など、観光客の誘致やそれに伴った多角的な対策を行うことを発表しています。その対策の一環としてキャッシュレス決済の普及というものも掲げています。
参照:https://www.kantei.go.jp/jp/singi/novel_coronavirus/th_siryou/kinkyutaiou2_gaiyou_corona.pdf

b

新型コロナウィルス感染症による影響について解説

新型コロナウィルス感染症による影響によって現在世界中で外出自粛要請や外出禁止令が出ているため、日本への外国人観光客が激減しています。それによって東京や京都に限らず、例年一定数の外国人観光客を獲得している地域では売り上げの低下などが見込まれています。

中小企業は今何をするべきか

それではこの新型コロナウィルス感染症の流行と東京オリンピックの延期が重なった時期である今、中小企業事業主の方々はどうするべきなのでしょうか。

それは2021年のオリンピック開催に向けて時間をかけてもう一度準備を始めることです。 実際政府もこの経済活動が停滞している時期を「助走期間」として位置づけ、新型コロナウィルス感染症が収束したのちに大きな経済発展をすることを目指す方針です。東京オリンピックも「世界的なパンデミックという人類の危機を乗り越えた平和の祭典」という立ち位置で開催することを大枠の目標として据えているのでしょうから2021年に開催される東京オリンピックはこれまで以上の華やかさ・盛り上がりを見せることになり、外国人観光客や日本人観光客の更なる増加が想定されます。

だからこそ、事業主の方々はこの「助走期間」でしっかりと準備を進めておく必要があるのです。一口に時準備とは言っても準備にも様々な観点からのものが想定されますが、当Webサイトはキャッシュレス決済関連に関する面での準備について解説していきます。

d

キャッシュレス決済面での準備は何をすれば良い?

2021年に開催される東京オリンピックに向けて政府もキャッシュレス決済の普及を目指している通り、事業主の方々もご自身の事業にキャッシュレス決済を導入するという準備が必要となってきます。

それもただ適当に決済代行会社に依頼して導入を済ませるのではなく外国人観光客をしっかりと獲得でき、ご自身の事業にぴったりとはまったキャッシュレス決済を導入する必要があります。

e

おすすめの決済代行会社は?

それではおすすめの決済代行会社はどこなのでしょうか?

今回おすすめしたいのは「Square」という会社です。

「Square」はクレジットカードの6大国際ブランドへの対応はもちろん、数ある決済代行会社の中でも最も早い段階から海外で急速に利用者数を増やしているクレジットカードのタッチ決済にも対応しています。

膨大な数の外国人観光客の来日が見込まれるなかで、海外のトレンドにしっかりと対応しているのが非常に大きなおすすめポイントの一つです。他にも入金サイクルの速さや手数料の安さ、カードリーダーのデザイン性の高さ、ECサイトへの対応などなど様々な魅力がありますからキャッシュレス決済を導入する際には是非検討したい一社です。

以下にSquareについて詳しく解説した記事を掲載していますから、併せて是非ご覧ください。

Squareについて詳しく解説した記事はこちら

f

まとめ

如何だったでしょうか。新型コロナウィルス感染症による影響で東京オリンピックの約1年の延期が発表されましたが、政府が示すように今この期間を助走期間と捉え、来年の開催に向けてより一層徹底した準備をしておく必要があります。

キャッシュレス決済面での準備として、最適な決済代行会社の加盟店になるというものがありますから、是非ご自身の事業に合ったキャッシュレス決済を導入してみてください。