パン屋にキャッシュレス決済を導入して確実にお客様をゲットしよう!

パン屋とキャッシュレス決済

今回はパン屋(ベーカリーショップ)にキャッシュレス決済の導入が望まれている背景やキャッシュレス決済を導入することによるメリット、おすすめのキャッシュレス決済の紹介を行っていきます。
パン屋(ベーカリーショップ)は人々からの人気も高く、競合も多いため一人でも多くのお客様を確実に獲得することが非常に大切です。もしそれがキャッシュレス決済を導入するだけで実現できるのならば、事業主の方にとってそれは非常に喜ばしいことではないでしょうか?
この記事を読んで是非キャッシュレス決済の導入をご検討ください。

パン屋(ベーカリーショップ)にキャッシュレス決済を導入しよう

目次

1.なぜパン屋(ベーカリーショップ)はキャッシュレス化が必須?
2.パン屋(ベーカリーショップ)のキャッシュレス化のメリットは?
3.パン屋(ベーカリーショップ)に最適な決済手段は?
4.おすすめの決済代行サービスはどこ?
5.まとめ

a

1.なぜパン屋(ベーカリーショップ)はキャッシュレス化が必須?


ではまず、なぜパン屋(ベーカリーショップ)がキャッシュレス化を求められているのかという背景から解説していきましょう。

理由の一つ目としてはパンを小腹が空いたときに買うお客様も多く、手持ちに現金がない場合も多いからということが挙げられます。せっかく手持ちに現金はないけど「パンでも買おうかな~」という感情にお客様がなったとしても、店舗側がキャッシュレス決済に対応していなければお客様はパンを購入することができません。このような事態が日常茶飯事で起こっていることがキャッシュレス決済導入を求められている背景のようです。

理由の二つ目としてはお客様が購入金額を予測することが難しいということが挙げられます。パン屋(ベーカリーショップ)はお店ごとに品揃えや金額が様々で、お店に入ってから購入する商品や個数を決める場合がほとんどであるため、事前に購入する金額を予測することが難しいという現状があります。自分の現金の手持ちを気にしながら購入されてしまうと、やはりどうしても売り上げは伸びにくくなってしまいます。

理由の三つ目としては購入時の手順が多いということが挙げられます。この理由がパン屋(ベーカリーショップ)にキャッシュレス決済を導入することが求められる最大のものと言えるでしょう。パン屋(ベーカリーショップ)は【お客様が好きなパンを選択→レジまでもっていく→お会計をする→袋に詰める】と、購入手順が普通よりも多いです。少しでもその時間を短縮するために人員を一人増やして会計中に袋詰めをするということを行っている事業主の方もいるかもしれません。しかし、キャッシュレス決済を導入すればそれらの問題を一気に解決することが可能です。

ここでは主に上記の3つの背景のみを示しましたが、他にもキャッシュレス決済の導入が求められている背景には様々なものがあります。次の章ではキャッシュレス決済を導入することによって生じるメリットを解説していきます。

b

2.パン屋(ベーカリーショップ)のキャッシュレス化のメリットは?

具体的にパン屋(ベーカリーショップ)がキャッシュレス決済を導入するメリットにはどのようなものがあるのでしょうか?1章と関連付けて考えていくと、そのメリットは容易に理解できます。

メリットの一つ目は見込み客の取りこぼしがなくなるということです。キャッシュレス決済を導入することで、買う意思はあるけど手持ちの現金がないことが原因で購入を辞めてしまうという人が限りなくゼロに近くなります。クレジットカードの所持率は約84%とかなりの高さを誇っていますから間違いないでしょう。競合が多く、一人でもたくさんのお客様を確実に獲得することが大切なパン業界にとってこれは非常に大きいのではないでしょうか。

また、購入金額が予測しづらいことから手持ちの現金に心許ないお客様も金額を気にして遠慮をしながら購入をするという必要がなくなり、常に最大限の売り上げを得ることが可能になります。一人当たりにしたら数百円のわずかな違いかもしれませんが、このわずかな金額の積み重ねが店舗営業には大切です。まさに「塵も積もれば山となる」ですね。

メリットの二つ目は購入時の所要時間が大幅に短縮されるということです。キャッシュレス決済の特徴としてはお釣りなどが発生しませんから、現金決済よりも非常に素早く決済を済ますことが可能です。特にパン屋(ベーカリーショップ)は決済後にパンを袋詰めするという作業が残っていますから決済に時間をかけることはデメリットが非常に大きいです。少しでも時間短縮をするために人員を一人増やして決済と袋詰めを二人同時に行うということを行っている事業主の方もいるかもしれませんが、キャッシュレス決済を導入すればその必要もなくなり、人件費の削減にも繋がります。

c

3.パン屋(ベーカリーショップ)に最適な決済手段は?

 

それではそんなパン屋(ベーカリーショップ)の営業に最適な決済手段はどのようなものでしょうか?

まずクレジットカードです。クレジットカードは年代を問わずほとんどの人が所持しているものですから少なくともこれには対応しておいたほうが良いでしょう。またVISAやMastercardなどのメジャーブランドにはしっかりと対応しているものが良いでしょう。また珍しいパターンかもしれませんが、訪日中国人の獲得を強く意識しているパン屋(ベーカリーショップ)の方はしっかりと銀聯カードにも対応しているものを選ぶのが良いでしょう。

次に交通系電子マネー・流通系電子マネーです。交通系はSuicaやPASMO、流通系はEdyやiDなどが挙げられますが、両方に共通して電子マネーは少額での決済によく使われるというものがあります。パン屋(ベーカリーショップ)は基本的には1000円程度の少額決済ですから使用条件としては最適です。また、これらはクレジットカードを持てない小学生なども所持できるため、それらのお客様を獲得できるようになるかもしれません。

ここまでは是非対応してほしいラインです。これらは導入すれば確実に利用される決済手段でしょう。ここからは+αのものです。

最後はPayPayなどのQRコード決済です。最近急速に利用者が増えている決済手段ですから導入すれば一定数利用者はいることでしょう。

d

4.おすすめの決済代行サービスはどこ?

それではどこの決済代行サービスに手続きをすれば良いのでしょうか?

私が最もおすすめする決済代行サービスは「Square」というスマホ決済サービスです。おすすめポイントをご紹介します。

おすすめポイント①は導入費用が他と比べて安価であるということです。やはり導入する際に最も気になるのが導入費用のことでしょう。Squareは現在キャッシュレス・消費者還元事業に伴うキャンペーンで実質無料で導入することが可能ですし、キャンペーン終了後でも他の決済代行サービスの約半額で導入をすることが出来ます。

おすすめポイント②はとにかく速いということです。Squareは導入手順・審査スピード・入金サイクルが非常に素早いことに定評があります。審査スピードに至っては最速で即日ともいわれています。営業に必要な入金サイクルも三井住友銀行・みずほ銀行利用店舗なら翌日に自動で入金されるという点が非常に大きいでしょう。このスピード感がSquareの人気の秘密です。

おすすめポイント③は決済端末がスタイリッシュであるということです。決済端末が大きくごちゃごちゃしたデザインをしてしまっていると、邪魔ですし、お客様の目にもついてしまいます。小型でレジ周りに馴染んでいるものが最適です。

 ←Square Reader

これがSquareの決済端末です。正方形で重さも卵1個分と非常にコンパクト且つデザイン性も高いです。これならしっかりとレジ周りにも馴染みそうですね。

他にもまだまだSquareの魅力はあります。是非気になる方はこちらの記事をご覧ください。

e

5.まとめ

今回はパン屋(ベーカリーショップ)にキャッシュレス決済を導入するメリットやおすすめの決済代行サービスを中心に解説していきました。是非この記事を読んでキャッシュレス化をご検討ください。

関連記事

Square決済の特徴・メリット完全解説!導入方法や費用など

キャッシュレス決済導入にはどれがいい?4大おすすめキャッシュレスサービスを紹介&比較!