Airペイ(エアペイ)が新たなQRコード決済に対応!店舗用決済代行会社で最大の対応数を実現!

Airペイが新たに対応したQRコード決済について解説

 

1.Airペイについて解説(クレジットカードのタッチ決済についても)
2.Airペイが対応している決済手段を紹介
3.Airペイのメリット・デメリットについて解説
4.まとめ

Airペイが新たに対応したQRコード決済とは?

今回は店舗用決済代行サービスであるAirペイが新しく対応を始めたQRコード決済についてご紹介していくとともに、Airペイのメリットやデメリット、現在開催中のキャンペーンなどもまとめてご紹介していきます。
今回の新たなQRコード決済への対応によって、Airペイは店舗用決済代行業界最多ともいえるほどたくさんの決済手段に対応することが実現され、以前からの強みであった豊富な決済手段への対応という特徴がより一層強化されたという形になっています。
そんなAirペイの導入を検討している事業者の方などは是非この記事を読んで参考にしていただければと思います。
※当記事ではクレジットカード決済・電子マネー決済に対応している本来のAirペイに加え、QRコード決済に対応しているAirペイQRを総括してAirペイという名称で統一しています。

1.Airペイについて解説

まずはAirペイという決済代行サービスそのものについて解説していきます。

・Airペイ(決済代行サービス)とは?

Airペイは店舗向けの決済代行サービスという分野に分類され、店舗営業におけるキャッシュレス決済の利用を簡易化する役割を担っています。
そもそも決済代行会社(サービス)とは本来ならばそれぞれの会社(各キャッシュレス決済手段の各ブランドごと)に申し込みをして、必要資料の提出や決済端末の購入することで非効率的に導入し、導入後は各社ごとにばらばらの手数料を取られ、ばらばらのタイミングで売上金が入金されるといった風に莫大な時間・労力・コストを費やす必要があるキャッシュレス決済の導入を代理・一元化をしてくれるサービスのことです。

決済代行サービスを利用することで、事業者の方は一度決済代行会社に必要資料を提出すれば一気に様々なキャッシュレス決済を導入することができ、一台の端末で様々な決済手段に対応が可能になるうえに、売上金の振込日まで統一することが出来るようになりますから、キャッシュレス決済を導入する障壁が非常に低くなるというメリットが挙げられます。

・運営会社

店舗用決済サービスAirペイは「HOTPEPPER」や「じゃらん」などを運営しているリクルートのグループ会社、リクルートライフスタイル株式会社が提供しているサービスです。
リクルートライフスタイル株式会社は店舗用決済代行サービスであるAirペイの他にも、店舗経営事業者向けにお客様の予約を管理するためのAirRESRESERVEやスタッフのシフトを管理するためのAirSHIFTなど所謂「Airシリーズ」のサービスを提供しており、その間の連携も非常にスムーズです。
それに加えて、ご存知の通り株式会社リクルートライフスタイルは旅行領域や飲食領域など様々な事業に展開しており、どの領域でも社会に大きな影響を与えている会社であるということ。
そして日本の大手企業であるということを考えると、その信頼性は十分なものだと言えるのではないでしょうか。

 ・専用決済端末

デザイン面は平均的なデザインで、他社サービスであるSTORESターミナル(旧Coiney)や楽天ペイなどと同じデザイン性です。
そこまでおしゃれなデザイン性とは言えず、安っぽく見えてしまう感は否めませんから、客単価が高く設定されている所謂高級店やレジ周りをスマートに見せたいという事業者の方にはあまりおすすめ出来ないサービスと言えるかもしれません。
ちなみに、そんなスマートな端末が欲しい事業者の方におすすめの決済代行サービスはSquareです。
詳しく知りたい方はこちらの記事を参考にしてみてください。

Square決済の特徴・メリット完全解説!導入方法や費用など

機能面・スペック面としては、これまで電子マネー決済・QRコード決済・磁気テープ式クレジットカード・ICチップ式クレジットカード決済での決済が可能でしたが、先日今秋から新たにクレジットカードのタッチ決済への対応を可能にするという発表が示されました。スペック面ではAirペイを導入していればキャッシュレス決済への対応には困ることはないと言えるでしょう。

・売上締め日と入金サイクル

みずほ銀行・三菱UFJ銀行・三井住友銀行利用加盟店は月に6回の振込が行われ、約5日ごとの締め日・振込になります。

みずほ銀行・三菱UFJ銀行・三井住友銀行以外の銀行を利用している加盟店は月に3回の振込が行われ、約10日ごとの振込になります。
ちなみに、どちらの場合でも振込手数料は完全無料ですから長期的な面での費用はあまり心配しなくても大丈夫だと言えるでしょう。
比較的早い入金サイクルではありますが最低でも5日は待たないといけないため利益率が低い事業内容の場合や、原価が高い事業の場合は少し不安が残る設定の入金サイクルかもしれません。

2.Airペイが対応している決済手段を紹介

それでは、Airペイが現時点で対応を実現している決済手段についてご紹介します。
今回新しく対応を開始した決済手段はもちろん、これまで随時追加されていた決済手段に関してもまとめてご紹介します。

こちらの画像が対応している決済手段の一覧です。この画像に沿って解説していきますのでご参照ください。

・クレジットカード決済

まずはキャッシュレス決済において最も重要なクレジットカード決済についてご紹介します。

Airペイは所謂7大国際ブランドと呼ばれているVISA、MasterCard、AmericanExpress、DinersClub、JCB、Discover、銀聯カードに対応しています。

上のアイコンはクレジットカードのタッチ決済に対応しているというもので、Airペイは今秋からこのマークがつく予定です。
具体的にはAmerican Express Contactless、Mastercardコンタクトレス、JCB Contactless、VISA TOUCHの4種類への対応を予定しており、より快適なキャッシュフローの実現を目指しています。

・電子マネー決済

次は電子マネー決済についてです。

AirペイはPiTaPaを除いたSuica・PASMO・Kitaca・TOICA・manaca・ICOCA・nimoca・SUGOCA・はやかけんの主要交通系電子マネー9種類に対応しています。

それに加え、流通系電子マネーでは大手2社であるiDとQuicPayに対応しているため電子マネー決済も豊富です。

・QRコード決済

次はQRコード決済についてです。今回Airペイが新しい対応決済手段を発表したのはこのQRコード決済におけるものです。
今回のAirペイの新しいQRコード決済への対応は大きく分けて2種類に分けられます。
1つ目はJcoinペイへの新規対応、2つ目はAlipay関連サービスの拡充です。

まず1つ目のJcoinペイへの新規対応ですが、これは文字通りこれまで対応できていなかったJcoinペイでの決済に対応したことで、Airペイ加盟店はJcoinペイユーザーを顧客として獲得できるようになったということです。

Jcoinペイはみずほ銀行が提供するスマホ決済アプリで、ユーザーはお店での決済の際に利用できるのはもちろん、ユーザー同士での送金なども行える便利なサービスです。
地方銀行との連携を強めているため全国津々浦々のユーザーを獲得できるという強みを持っています。
また、JcoinペイはQRコード決済においては後発ですが、昨今の新型コロナウィルス感染症の影響でユーザーを大幅に増やしているのも特徴です。
今回AirペイはそんなJcoinペイへの対応を開始したので、より一層完璧な決済手段への対応という状態に近づいたと言えるかもしれません。

2つ目はAlipay関連サービスの拡充です。
AirペイはAlipayconnectを導入することで既に導入しているAlipayに加えてAlipay関連のサービスであるAlipayHK、Kakao Pay、Touch’n Go eWallet(タッチンゴー・イーウォレット)、EZ-Link Wallet(イージーリンク・ウォレット)の4種類の決済方法を新たに導入しました。

AlipayHKは香港市民向けのeウォレットです。香港用のAlipayだと考えてよいでしょう。
香港内では非常に人気の高い決済手段なので、中国人観光客の中でも比較的多い香港市民へ対応するには十分でしょう。

Kakao Payは2014年にローンチした韓国初のモバイル決済サービスです。
韓国国内外に約3000万人のユーザーを抱えており、韓国人観光客などへの対応も可能になります。
ちなみになぜ韓国発のKakao Payが中国発のAlipayの関連サービスになっているかと言うと、Kakao PayがAlipayの親会社であるアントグループと2017年に提携したからという背景があります。

Touch’n Go eWalletはやはりAlipayの親会社であるアントグループがある会社と共同出資をして設立されたTNG Digital Sdn Bhdという会社によって運営されており、約1,100万人のユーザーを抱えています。
マレーシア政府による電子決済の普及促進計画に選ばれたこともあり、マレーシア国内では特に大きな認知度を誇っています。

EZ-Link Walletは、EZ-Link社が提供するシンガポール発の決済サービスです。
ユーザーはシンガポール国内ではもちろん、Alipayなどでの支払いにも用いることができるためシンガポール国内で高い人気を誇っているサービスです。

ここまで見て頂いてお分かりかと思いますが、Airペイが今回行った決済サービスの拡充の背景にはアジア圏の外国人観光客をしっかりと獲得できるようにという観点から行われたことがわかります。
Airペイは日本国内での様々な決済手段に対応していることはご存知かと思いますが、今回新たに海外、特にアジア圏に目を向けてサービスの拡充を行うことで競合他社からの差別化を図ろうという意図でしょう。
実際事業者の方で外国人観光客の方を普段から接客されているという自覚がある方にとって、Airペイはこの上ない決済代行会社だと言えるかもしれません。

3.Airペイのメリット・デメリットについて解説

それでは次に、Airペイのメリット・デメリットをそれぞれ見ていきましょう。

・メリット

①対応決済方法が充実している
Airペイのメリット1つ目は何と言っても、対応決済方法の豊富さでしょう。
Airペイは今回新たに対応したQRコード決済も含めて35種類もの決済手段に対応できるようになりました。
これは決済代行会社の中ではトップレベルに多い数で、Airペイを導入していればお客様に求められて対応出来ない決済手段はないと言えるほど汎用性の高いサービスです。

②操作方法が簡単
Airペイの魅力として知られている部分ですが、Airペイは操作性が簡単で、一人で操作が出来るようになるまで時間を要さないという特徴があります。
大きなパネルが複数並べられている画面が基本なので、直感的に操作をすることが出来るというものです。
これのメリットとしては事業者様が使いやすいというのはもちろんですが、スタッフの教育に時間がかからないという点が大きなメリットです。
例えばアルバイトを雇った際にかなり慎重にならないといけないお金周りですが、Airペイならば簡単に覚えることが出来ます。
このような決済面だけではない充実性もAirペイが人気な理由の一つでしょう。

・デメリット

①Android端末に対応していない
Airペイのデメリットとして、AirペイはAndroid端末に一切対応しておらず、今後も対応する予定はないという点が挙げられます。
ですから事業主の方がAndroidユーザーの場合は新しくiPhoneかiPadを導入しなければならないため、注意が必要です。
またお客様がAndroidユーザーだった場合、GooglePayの使用はできないため注意しなければなりません。

②オンライン決済に対応していない
これは事業内容を店舗型のみに限っている事業主の方にはあまり関係のない話になってしまうのですが、昨今の新型コロナウィルス感染症の影響もあり、オンラインショップ開設の需要が高まっているなか、Airペイは数ある決済代行会社の中で唯一オンライン決済に対応していません。もし実店舗運営だけで十分な利益を望むことが出来るのであれば必要ないですが、外出自粛が今後も続いていくと考えられている情勢においてそこまで確信を持てる事業主の方は少ないのではないでしょうか?
もし少しでもオンラインショップ開設に興味があるのであれば、Airペイの導入には慎重になったほうが良いかもしれません。

4.まとめ

いかがでしたでしょうか。
今回はAirペイが新たに対応したQRコード決済のご紹介を中心に、Airペイのメリットやデメリット、特徴について解説していきました。
もしAirペイに興味を持った方がいらっしゃれば、このほかの記事もご参考ください。